正しい野菜の育て方【木が喜ぶマジックを伝授】

男性

綺麗に育てる

森林

木にとっても良いことばかり

間伐というものは木の間引きの事を言います。森などは木が隙間なく生えていると成長を阻害して大きくならない場合があるため、適度に間伐して値を張りやすくすることが一番です。木が密集している場所だとお互いに成長を阻害しあっているため良いことがないです。密度を間伐によって調整して木を健康に成長させるには必要不可欠です。木と木の感覚が適度にあることによって太陽光がそれぞれの木にいきわたるため森林は豊かに成長することができます。成長した木は通常の木よりも価値が高いものとして利用することができるため、人間にとっても木にとっても間伐作業はお勧めです。間伐は秋から冬にかけて行うものでとても大変な分価値もあります。

環境保全にも役立つ間伐について

森林には降雨を山から川へゆっくりと流す役割や二酸化炭素を吸収して地球温暖化防止の役割もあり大変重要です。この森林の機能を最大限に活かすためには林業である間伐が必要不可欠になってきます。間伐を行わず込み合った森林だと二酸化炭素の吸収量も低下して、土地も痩せ根をしっかりと張らないため山が崩れやすくなります。痩せ細った気になってしまうと風で倒れてしまったり、壊滅的な被害を受ける可能性もあります。土砂崩れなどの可能性も出てくるため間伐の重要性はとても大きなものです。土壌にしっかりと根を張ることによって土砂崩れを防ぐことにもつながり、天災などが起こりにくい森林に成長することができます。水の浄化作用もあるため美味しい水を飲むこともできます。