正しい野菜の育て方【木が喜ぶマジックを伝授】

庭の手入れ

間伐を依頼する

森

間伐という古い樹木の撤去作業をすることによって、新しい樹木の誕生や成長を促進させることが出来るメリットが得られます。また間伐費用も10万円から20万円くらいが相場となっており、国の補助金制度も利用できます。

価格の傾向

自然

専門業者が行う間伐作業の人気の理由は伐採した木を再利用するケースが多いので、業者側と依頼者両方でエコ活動に貢献が出来ます。また依頼費用の傾向についても、土地の足場の良さや広さなどが大きな要因となるでしょう。

時期を見計らう

フルーツ

便利な学習媒体があります

庭木としても人気の柿は、タイミングを見計らった剪定をすることで、木の成長を促し収穫を増やすことが出来ます。最近では素人でも簡単に剪定が出来るような学習媒体が登場しており、自宅で手軽に剪定知識を身に付けることが出来るのです。このような学習媒体はパソコンで見られるものもあり、空いた時間に少しずつ学習をしていくことが可能となります。 柿の剪定を始め、こういった庭木の手入れはタイミングを見て行なうことが必要となります。柿の場合には主に冬場に剪定を行なうことが良いとされており、1年間のサイクルの中で剪定を行なう時期を決めていくことになるのです。最近はインターネットを通じてもこのような学習媒体が購入出来ます。

柿の性質を把握しておきます

柿の剪定をする際には、より良質な実を収穫するためのテクニックも押さえておくと役立ちます。こういった果樹のなる木の場合には、実が付きすぎることを防ぐために余分な実や蕾を、未だ小さいうちに取り除く作業が行なわれます。このようにすることで残った実に栄養分が行き渡り、より大きく質の良い果実を収穫することが出来るようになる訳です。 柿の場合には、このような実の取捨選択が自然に行なわれます。従って人間が躍起になって手を加えなくても余分な実は後に自然に落ちてくれる訳です。このような柿の性質を押さえていれば、柿の剪定もしやすくなります。柿の場合には、新しく伸びた枝の先に新しい実が出来ていくことが多いため、新しい枝先部分は余り刈り込まないのが柿の剪定のポイントです。果物も人気ですが、野菜の育て方についても知っておくと便利です。自給自足の生活も楽しめるでしょう。

綺麗に育てる

森林

間伐をすることで一本一本に栄養が行き渡り、木が綺麗に育つでしょう。太陽光が十分に行き渡るというメリットもあるのです。季節でいうと夏よりも、秋から冬にかけてに行うと良いでしょう。